- Blog記事一覧

Blog記事一覧

腰痛のお話

2020.11.19 | Category: セドナ整骨院,健康,整体

こんにちは!セドナ整骨院の今田です。

11月に入り、年末にかけてなんだか忙しい…

そんな時に患者様で多いのが腰痛。
ギックリ腰や、慢性的な腰痛が悪化した等様々な症状で来院されることが多いです。
ではなぜこの時期は腰痛が多いのでしょうか?

冬の季節に腰痛がひどくなる原因は、「寒さ」
寒さから、筋肉の緊張が増し痛みを悪化させる原因の一つになります。

また、寒さから体が冷えると全身の血行が悪くなり、疲労物質が溜まり腰痛悪化の原因になります。

最近では、コロナの影響もあり在宅ワークを行っている影響で腰痛を訴える方も少なくありません。
これは座っている時間が長くなったり、きちんとした姿勢で座れていないのが影響しています。


そもそも腰は、上半身の重さを支えている場所になります。
立っている時は足が上半身の重さを支える事が出来ますが、座っている時は足のサポートが無くなります。
ですので、座っている時は上半身の重さが腰に集中します。
座っている時間が長くなればなるほど、腰への負担は大きくなります。

また、腰を痛める姿勢はソファに深く寄りかるような姿勢です。
横から見ると、背骨がC字状になる姿勢です。


本来ならば背骨全体がクッションになり上半身の重さを分散させていますが、C字状になることで上半身の重さを分散できず、腰に集まってしまいます。
在宅ワークだと会社のように仕事用の机や椅子が無い為、ソファや床で作業している方も少なくないようです。
理想の座り方は、高めの椅子に浅く座る事を患者様にもお話しています。

座り方一つで、腰への負担は全く変わってきます。
元々腰痛持ちの方は、座り方を見直してみるのもいいかもしれません。

また、治療の際腰痛に関しては背中の胸椎(きょうつい)の動きを診ます。

胸椎は背骨の頚椎と腰椎の間に有り、胸の高さにある背骨です。
全部で12個の骨から成り、肋骨と関節を作っています。
猫背の時はこの胸椎の後弯が強くなっています。
胸椎の動きは大きくないですが、デスクワークなどで胸椎の動きが悪くなると背骨のクッションが上手く使えず、上半身の重さを分散する事が出来なくなります。
腰痛持ちの患者様はもちろん、肩こりや頭痛持ちの患者様もこの胸椎の動きが悪くなっている方がとても多いです。

そういった場合、当院ではカイロプラクティックで背骨の歪みを矯正し、胸椎の動きを出すことで症状の改善を目指していきます。
また、自宅でのセルフケアとしてストレッチ指導なども行っています。

年末は気温もぐっと下がってきますし、お仕事も忙しくなり腰痛のリスクはどんどん上がってきます。
症状がお辛くなる前に、是非私達にご相談ください。

自律神経の働きと東洋医学に着目した独自の治療メソッド

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック ユーカリが丘本院
千葉県佐倉市ユーカリが丘4-3 ユーカリが丘ジョイナード1階
京成本線「ユーカリが丘駅」徒歩5分
山万ユーカリが丘線「地区センター駅」徒歩1分


整骨院・プロスポーツ現場での経験を活かして、
皆さまのお身体の様々なお悩みを解決いたします。
院長 今田ひか里

【自律神経とは?】

2020.11.09 | Category: セドナ整骨院,健康,自律神経失調症

こんにちは!セドナ整骨院の河田です。

今回から「自律神経」をテーマにお話ししていきます。

【自律神経とは?】

交感神経副交感神経の2つの神経があり、それらがバランス良くはたらくことで私たちは健康が保てているのです。

交感神経…脳や体を活発に動かしたり、緊張したりするときに働きます。例えば、スポーツの試合をしているとき。いわゆる戦っているときがこれにあたります。

副交感神経…脳や体を休ませるとき、内臓を動かしたり、傷や病気を治しているときに働きます。私たちが寝ているときがこれにあたります。寝ているときやリラックスしているときに内臓が良く動き、消化吸収などを促進します。発熱をしたり、風邪を引いたりしたらたくさん寝るようにしていませんでしたか?それは副交感神経を優位にさせて回復させるのに適した体になるからです。

この交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れると自律神経失調症になります。

【自律神経失調症の主な症状】

自律神経失調症のは身体の各臓器に不調が出てきます。

全身…微熱、だるさ、倦怠感、不眠など

目…眼精疲労、まぶたの痙攣、ドライアイ

神経…緊張性頭痛、めまい、たちくらみ、乗り物酔い

循環器…高血圧、低血圧、手足の冷え、不整脈、頻脈、胸の痛み

呼吸器…息苦しさ、呼吸のしにくさ(過換気症状)

皮膚…かゆみ、多汗、円形脱毛

消化器…お腹が張りやすい、慢性胃炎、過敏性腸症候群、食欲不振、過食

筋肉…筋肉痛、肩こり、腰痛

生殖器…月経前の不調、更年期障害、産後うつ

泌尿器…神経性頻尿、残尿感、尿失禁

自律神経失調症とよばれる症状にはこれだけたくさんの身体の不調が起こります。これらの症状が複数出ると皆さんは病院に行ったりすると思います。ですが検査をしても「異常がない」といわれ、不安が強くなってしまい思い悩んでしまいますよね。それがまた不調を生んでしまうのです。

ですからある程度このような症状があるという事を知っておくことも大切です!わからないことや不安な事がありましたらぜひ、当院までご相談くださいね。

次回も自律神経について掘り下げていった内容をお伝えしていきます!

肩関節について⑤

2020.10.31 | Category: 整体,柔道整復師,肩こり

こんにちは!セドナ整骨院の河田です。

今回は肩のストレッチについてお伝えします。

①肩の後ろを伸ばすストレッチ

姿勢を正して前を向きます。一方の腕を肩の高さまでまっすぐ伸ばし、腕を水平に保ちながら、胸の前に引き寄せます。肘を反対側の肩に向けて引っ張ります。そうすると、肩の三角筋全体と後ろの小円筋がストレッチされます。

②肩の前側を伸ばすストレッチ

立った状態で背なかの後ろで手を組み、そのまま組んだ両手をゆっくり上げていきましょう。手を上げる際には上体を前傾しないようにも注意しましょう。
肩の三角筋前面大胸筋がストレッチされます。

③大胸筋を伸ばすストレッチ

壁に対して平行に立ち、肘を90度に曲げ、角などにひっかけて曲げた腕と反対の方向に若干前傾姿勢で回旋しましょう。大胸筋がストレッチするのを感じながら行いましょう。デスクワークが続き、肩が前に出てしまい猫背姿勢になる人は胸の筋肉が硬いことが多いので取り入れてみて下さい!

ストレッチは様々なやり方があるのですが何をやればいいのか分からない、という悩みも多いのではないでしょうか?
施術時にストレッチをお教えしますのでご相談ください!

肩関節について④

2020.10.19 | Category: 整体,柔道整復師

こんにちは!セドナ整骨院の河田です。

肩は様々な方向に動かすのに沢山の筋肉が付いている事がお分かり頂けたと思います。(ぜひ前回のブログもお読みください!)

今回は、肩の動きについてのお話です。
肩関節の動きには、屈曲・伸展、外転・内転、外旋・内旋があります。

【屈曲・伸展】
上肢を前から上げる動作を「屈曲」といい、上肢を下垂した状態から後ろに上げる動作を「伸展」といいます。

【外転・内転】
上肢を横から上げる動作を「外転」、下垂した状態から内側に動かすことを「内転」といいます。

【外旋・内旋】
小さく前ならえをした状態で、外側に開くような動作を「外旋」といい、内側に動かすことを「内旋」といいます。

大きく分類すると肩関節はこれらの動きをしています。多くの方向に動くため、前回お話したインナーマッスルの筋肉が作用しているのです!
当院は肩の治療においても全身の歪みを整えていき、肩の動きを改善させる施術を行います。ぜひご相談ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

経験者・新卒スタッフ募集中!!
【鍼灸師 募集中】
世の中の真の健康に貢献し、心も身体も健康な世界を一緒に実現していきませんか?

・やりがいを持って働きたい方
・自身の強みを生かしていきたい方
・治療家として技術を極めたい方
・明るく元気な方

仕事も遊びも精一杯人生を楽しみたい、自己成長にフォーカスし続ける仕事大好きな仲間が皆さんをお待ちしております。

詳しくは下記ページまで↓↓

https://e-sedona.jp/recruit

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

肩関節について③

2020.10.08 | Category: 整体,柔道整復師

こんにちは!セドナ整骨院の河田です。

今回は肩関節について「ローテーターカフ」とよばれる筋肉の作用について説明します。

肩関節はインナーマッスルである回旋筋腱板(ローテーターカフ)という多くの筋肉により上腕骨をわしづかみするように支えています。それらの筋肉について付着部、そして運動方向の作用について紹介します。

おもにこれから紹介する筋肉は「外転」「外旋」「内旋」の動きをします。運動方向については次回詳しくお話します。

【棘上筋】

肩甲骨の棘上窩から上腕骨の大結節に付着し、肩の外転に作用します。

【棘下筋】

肩甲骨の棘下窩から上腕骨の大結節に付着し、肩の外旋に作用します。

【肩甲下筋】

肩甲下窩から上腕骨の小結節に付着し、肩の内旋に作用します。

【小円筋】

肩甲骨外側縁から上腕骨の大結節に付着し、肩の外旋に作用します。

主にこれらの筋肉が働くことで肩の運動、関節の安定を担っています。お体に歪みがあると肩甲骨の位置が崩れ、肩に負担がかかり、痛みを引き起こすことから全体の骨格矯正が必要になります。当院は痛みのある部位だけでなく全身の骨格を整える整体治療を行っています。ぜひお問い合わせください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

経験者・新卒スタッフ募集中!!
【鍼灸師 募集中】
世の中の真の健康に貢献し、心も身体も健康な世界を一緒に実現していきませんか?

・やりがいを持って働きたい方
・自身の強みを生かしていきたい方
・治療家として技術を極めたい方
・明るく元気な方

仕事も遊びも精一杯人生を楽しみたい、自己成長にフォーカスし続ける仕事大好きな仲間が皆さんをお待ちしております。

詳しくは下記ページまで↓↓

https://e-sedona.jp/recruit

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒285-0858
千葉県佐倉市ユーカリが丘4-3 ユーカリが丘・ジョイナード1F

休診日

水曜日・祝祭日

ご予約について

予約優先制

駐車場

無料立体駐車場あり