スタッフ紹介

 

院長 今田 ひか里

院長 今田 ひか里

セドナ整骨院ユーカリヶ丘本院の院長今田ひか里です。
私は幼少期から剣道に打ち込み、高校卒業時に警察や実業団で剣道を続ける道もありましたが、スポーツの現場を陰で支えるスポーツトレーナーに魅力を感じ柔道整復師になりました。3年間女子プロバスケットボールのトレーナーとして現場で修業してきましたが、そこで私の治療家としての転機がやってきました。

「足のケガで3年間診ていた選手が引退してしまった事」です。
将来有望視されながら長年の足の故障を克服出来ずに引退を選ばせてしまった事。
3年間苦楽を共にした選手を自分が助けることができなかったという無念の思いと申し訳ないという気持ちで一杯でした。
あれから年数が経っていますが、彼女が引退すると聞いた時の辛い記憶は今でも忘れません。その経験から、私は目の前の方にもっと貢献できるようになりたいという一心で成長できる環境に身を置き、学び、実践してきました。
そして目の前の一人一人の患者様に対して自分の持てる全てをかけ施術してきました。

私は多くの患者様と接する中で、様々な気づきを頂きました。
スポーツの現場だけではなく、お仕事や家事、日常生活でも多くの方が身体の悩みを抱え、どうしたらいいのかわからないで不安や恐怖を抱えている方いらっしゃる現実を目の当たりにし、私の今までの経験がお役に立てるということに気づきました。
セドナ整骨院に来られた患者様へ治療をするのが、私が治療家になった使命だと思っています。

院長として更に自分を高めていき、ユーカリが丘本院のスタッフ一丸となり皆様の人生をより良くするためのお手伝いをしていきます。どうぞ宜しくお願いします。

 

真継 善久

真継 善久

こんにちは。真継善久です。
私がこの医療に従事するきっかけは、当時行っていたトライアスロンの大会前日に慢性疲労からくる急な発熱で体が動かなくなりました。
ワラをもすがる思いで大会に来ていたトレーナーから東洋医学の鍼灸を受けました。
すると、それまでの発熱や痛みが嘘のように軽くなり、また以前から悩んでいた足の痛みまで消えたのです。 今までにない最高のコンディションで試合に臨み好成績を収める事が出来ました。
この出来事が深く心に残り、この道に進もうと決意しました。

握手痛みを抱え生活する事ほどつらい事はありません。
私は治療の道に入りアメリカのクリニックでの臨床実習中に無理がたたって背中と腰を痛めたとき、カイロプラクティックで完治させた経験があります。

人様の体を施術する身でありながら自分の腰はどうする事も出来ない無念さで一杯でした。「身体の不調は心まで落ち込ませてしまうものだ」とこの経験で身を もって学びました。その時に施術に当たってくれたドクターがかけてくれた励ましの言葉が忘れられません。

「痛みの施術とは決して易しいものではないが、きっと痛みは無くなり今まで以上の健やかな身体に戻れる」
「だからくじけずあきらめないで欲しい」

私が考える真の健康とは、病気ではないとか痛みが無いという状態だけではありません。
毎日朝から晩までエネルギーあふれる元気で活動的な状態でありつづけること。
そして本来、人間の身体にはそのような無限のエネルギーが備わっていると私は考えます。
いま、様々な痛みや不調をかかえお困りの方も多いと思いますが、そんな方に、これまで培ってきた医療現場での経験と知識を生かし少しでも痛みの無い元気で健康な体作りを応援できたらと強く願っております。

トライアスロン私の趣味は運動することです。今でもトライアスロンに出場しています。
「身体もココロも元気で健康に」が私の施術家としてのモットーですが「自分が常にエネルギッシュで健康な体作りを実践する」ために毎日 楽しみながら運動してリフレッシュしています。
「身体が資本」健康な体があるから、どんな逆境でも乗り越えられる強さがわいてくるのだと信じています。

施術家として皆様の健康リーダーとして貢献して行くことを大きな夢として私は毎日の施術に励んでいますので、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

 

柔道整復師 河田 洸輔

柔道整復師 河田 洸輔

皆さま、こんにちは。河田洸輔と申します。
千葉県千葉市出身です。どうぞよろしくお願いします。

得意なスポーツは野球で、趣味は「プロ野球」を観に行くことです。
千葉幕張は近いので、ロッテ戦によく観戦に行きます。どの球団もよく知っているので野球が好きな方がいましたらお話 できればと思います。

私は、小学1年から高校3年まで野球をやっていました。
ポジションはピッチャーでした。高校2年の夏先輩が引退をされて新体制でスタートしてからすぐ肩に違和感を覚えました。しかし特に厳しい夏練習でいきなり離脱するわけにはいかないと思っていた私は、投げ続けてしまいました。秋季大会ではメンバーから外れ悔しい思いをしました。

当時通っていた整骨院の先生は野球部出身で、肩を治療するのと同時に全身のケアやトレーニング、ピッチングフォームの改善を親身になって指導して下さいました。そのおかげで3年の最後まで大好きな野球を続けることが出来ました。ちなみに現在も草野球を楽しくやっています。整骨院にお世話になった経験がきっかけで、この道に進みました。

セドナ整骨院で、皆さんのやりたい事ができるようにサポートしていきます。
どうぞ宜しくお願いします。

 

鍼灸師 宮部 友香

こんにちは。宮部友香です。
私は岐阜県出身で3姉妹の次女として生まれました。どうぞよろしくお願いします。

小学生の頃からバドミントンを続けていました。
趣味は韓国ドラマをみることで、最近ではNiziプロジェクトにはまりNiziUを応援しています。国家試験の勉強中、とても勇気をもらったことを曲を聴くと思い出します。

私が鍼灸師を目指し始めた時、大きな理由はなく高校の恩師に勧められたことがきっかけでした。
高校時代はバドミントンに打ち込み、その時怪我をしたメンバーは鍼灸に通うことが多く身近な存在ではありました。母校はほとんどが女子の高校で、同じような悩みを抱えている女の子は多くいました。思春期ということもあり、気持ちの問題や体の変化などの悩みを抱えながら部活に打ち込んでいました。

その悩みを誰かに打ち明けたくとも、男性の先生にはなかなか恥ずかしくて打ち明けられない、しっかりと理解してもらえないのでは?と悩んでしまい、言えずに抱えてしまうことがありました。

勉強していく中で、女性の抱える問題は東洋医学を用いた考え方や、鍼灸の力で改善することができる事を知りました。私の周りには、どうしたら改善できるのかを教えてくれる人はいませんでした。だからこそ、多くの方に自分とうまく付き合っていけるお手伝いができればと考えています。
たくさんの友人や家族、先生たちに支えられ鍼灸師になることができました。次は、私が皆さんを支え楽しく生活していただけるよう、お役に立てるよう日々精進してまいります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

柔道整復師 棚橋直輝

柔道整復師 棚橋直輝

初めまして。これから私の自己紹介をしたいと思います。私の出身は千葉県船橋市で、父、母、兄、姉、の5人家族です。趣味はスポーツを観ることで、特に野球は、球場に行って観たりします。私は3歳の時、ネフローゼという病気にかかり、入退院を繰り返していました。ですが、家族の支えやなどがあり、無事完治することができ、幼稚園の最後の年だけ通うことができました。その後、小学校入学と同時に父と兄の影響で少年野球チームに所属し、高校まで続けました。

高校生の時、部活の練習中に足を痛めてしまい、自分の中で我慢できる程度のものだと思って練習を続けてしまい、思うようなパフォーマンスができずにいました。とうとう耐えかねて、近くの接骨院に通い始めました。その時にどうして怪我が起こるのかなど、丁寧に説明してもらったり、励ましの声をいただいたりして、私もこういう職業について人の役に立ちたいと思い、高校卒業後、柔道整復師の専門学校に入学しました。専門学校では、骨折、脱臼など、外傷を中心に勉強をしてました。そして、進路を考えた時に、自身の幅を広げたいのと同時に、後からではなく今のうちに様々なことに挑戦したいという気持ちから、鍼灸の学校に行きたいと思い、進学しました。

私は小さい頃に病気にかかり、家族や様々な方に支えられて来ました。これからも支えられることが多いと思いますが、セドナ整骨院では、皆さんを支える側だというのを自覚し、どうすれば役に立てるか日々勉強して精進したいと思います。是非、よろしくお願いします。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒285-0858
千葉県佐倉市ユーカリが丘4-3 ユーカリが丘・ジョイナード1F

休診日

水曜日・祝祭日

ご予約について

予約優先制

駐車場

無料立体駐車場あり