- Blog記事一覧 - 自律神経失調症の記事一覧

自律神経失調症の記事一覧

【自律神経とは?】

2020.11.09 | Category: セドナ整骨院,健康,自律神経失調症

こんにちは!セドナ整骨院の河田です。

今回から「自律神経」をテーマにお話ししていきます。

【自律神経とは?】

交感神経副交感神経の2つの神経があり、それらがバランス良くはたらくことで私たちは健康が保てているのです。

交感神経…脳や体を活発に動かしたり、緊張したりするときに働きます。例えば、スポーツの試合をしているとき。いわゆる戦っているときがこれにあたります。

副交感神経…脳や体を休ませるとき、内臓を動かしたり、傷や病気を治しているときに働きます。私たちが寝ているときがこれにあたります。寝ているときやリラックスしているときに内臓が良く動き、消化吸収などを促進します。発熱をしたり、風邪を引いたりしたらたくさん寝るようにしていませんでしたか?それは副交感神経を優位にさせて回復させるのに適した体になるからです。

この交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れると自律神経失調症になります。

【自律神経失調症の主な症状】

自律神経失調症のは身体の各臓器に不調が出てきます。

全身…微熱、だるさ、倦怠感、不眠など

目…眼精疲労、まぶたの痙攣、ドライアイ

神経…緊張性頭痛、めまい、たちくらみ、乗り物酔い

循環器…高血圧、低血圧、手足の冷え、不整脈、頻脈、胸の痛み

呼吸器…息苦しさ、呼吸のしにくさ(過換気症状)

皮膚…かゆみ、多汗、円形脱毛

消化器…お腹が張りやすい、慢性胃炎、過敏性腸症候群、食欲不振、過食

筋肉…筋肉痛、肩こり、腰痛

生殖器…月経前の不調、更年期障害、産後うつ

泌尿器…神経性頻尿、残尿感、尿失禁

自律神経失調症とよばれる症状にはこれだけたくさんの身体の不調が起こります。これらの症状が複数出ると皆さんは病院に行ったりすると思います。ですが検査をしても「異常がない」といわれ、不安が強くなってしまい思い悩んでしまいますよね。それがまた不調を生んでしまうのです。

ですからある程度このような症状があるという事を知っておくことも大切です!わからないことや不安な事がありましたらぜひ、当院までご相談くださいね。

次回も自律神経について掘り下げていった内容をお伝えしていきます!

コロナの影響~自律神経と東洋医学的観点~

2020.05.22 | Category: セドナ整骨院,東洋医学,自律神経失調症

セドナ整骨院ユーカリが丘本院の今田です。
3月から日本中を混乱に招いた「新型コロナウイルス」

4月7日に非常事態宣言が発令され、私達の生活環境の変化を大きくもたらすことになりました。
外出自粛をはじめ、東京オリンピック延期や大型イベントの中止、飲食店などの休業、教育機関の休校など様々な影響を及ぼしています。「不要不急の外出」を控えた結果、多くの方が家籠り生活を余儀なくされています。
いつまで続くかわからないこの状況に、世の中の人々の心身が蝕まれているのが伝わってきます。
もちろん、新型コロナウイルスの感染予防には人込みを避け家の中に閉じこもっていれば確実に感染リスクを減らすことが可能です。

ですが、自宅での生活が長期化されれば、様々な問題が浮上し、それが思わぬ病気や不調が起こりえるのも事実です。
人は閉鎖環境にさらされると、強いストレスを感じます。

そして外出自粛により生活リズムが崩れることで自律神経のリズムも崩れやすくなってしまいます。

そうすることで、睡眠障害を引き起こし、疲労が蓄積され、身体の様々な症状「自律神経失調症」を引き起こしてしまいます。
最近ではニュースで「コロナ鬱」なんて言葉も聞くようになりました。様々な環境の変化により、例年よりストレスが多いように感じます。


また、東洋医学的観点から春は昔から「木の芽時」とも言われ、さまざまな生き物が活動を始め、心身ともに開放的な気分になる季節です。その一方、実は精神的にバランスを崩しやすい時期でもあります。
春一番に象徴されるような、強い風が吹く春は、私たちの体や心も風の影響を受けてゆらゆらと揺れやすくなります。

その上、血を貯蔵する「肝」の不調を起こしやすい季節でもあるため、イライラと怒りっぽくなったり、不安が強くなったりすると言われています。

まさにこの時期は新型コロナウイルスに対しての不安や恐怖が高まり、更に肝の不調を引き起こしやすくしているのです。
肝の気は上昇する性質を持っていることから、頭痛や目の充血、目のかすみ、不眠症、血圧が上がるなどの症状になりやすく、また、肝はホルモンバランスとの関係が深いので女性の生理不順が起こりやすいのもこの季節です。

季節の変わり目は土用といって、「脾」の衰えもみられる時期です。

症状としては、消化不良、胃腸の膨満感、下痢又は便秘、脾は食べ物から身体のエネルギーとなる気血を生成してくれているので、全身的なだるさや倦怠感、すぐ眠くなってしまうなどの症状が出やすいです。春は肝の機能が高まるのもあり、相克関係(片方の気が強いともう片方の臓腑の力を弱めてしまうこと)にある脾は十分に力を発揮することが難しくなります。
肝や脾を養生してくれる食べ物は「酸味」「甘味」のある食べ物です。酢の物や根菜類、豆類の自然な甘さ、加えて、血行を良くしてくれる玉ねぎや青魚などもとても良いです。
家にいるとどうしても座っている事や横になっていることが増えますが、長時間の座位、臥位は「久座(きゅうざ)」「久臥(きゅうがく)」と言い、久坐は“脾”と“肉”に影響を与え、長時間の座った姿勢から胃腸の働きが衰え
消化不良や便秘・お腹のハリを引き起こしたり、筋肉がつりやすくなります。

また、久臥は“肺”と“骨”に影響を与えるため、呼吸が浅くなったりくしゃみが増えるなどの呼吸器系の不調や腰痛や関節痛を引き起こしやすくなります。
このように、自律神経が乱れやすい春は東洋医学的観点から見ても様々な症状を引き起こし、そして精神的に不安定な時期であります。
だからこそ、この時期は身体を整えていかないといけません。
東洋医学的アプローチでは鍼灸治療はもちろんですが、オイルトリートメントや上記でも書きました食養生でもお身体を整えることが可能です。また、当院では自律神経の乱れに対して「自律神経整体」も行っております。


身体と心は繋がっており、身体が悪くなると心もネガティブになりやすくなります。自律神経を整えることで、お身体だけではなく心の不調にも効果を発揮することが出来ます。

自分自身のお身体を大事にし、今こそ「真の健康づくり」を実践していきましょう。

春の自律神経の乱れ

2019.03.23 | Category: 自律神経失調症

こんにちは!ユーカリが丘本院院長の鈴木敬也です。

このブログに記事を書くのは初めてですので軽く自己紹介をさせて頂きます。

 

出身は最近何かと話題の埼玉県(^_^;)

学生時代はずっと水泳に打ち込んでおりました。

 

これから鈴木から皆さんにお伝えしたい事や、

皆さんの健康に役立つ情報など

どんどん発信して行きたいと思いますので宜しくお願い致しますね。

 

それでは今回のお話は春の体調不良についてです。

 

ご存知でしたか?

実は冬から春は「81.8%」の人が何かしらの体調不良を感じているそうです。

春は寒暖差が大きく、気圧変動が大きい季節です。

その変化に対応するため自律神経の一つである交感神経優位が続くと、

エネルギー消費が増え、

疲れやだるさを感じやすくなります。

 

また気圧が下がったり上がったりすると、

耳の奥にある内耳が敏感に感知します。

 

内耳とは、中耳のさらに奥に位置し、

三半規管や前庭など体のバランスを保つ気管が集まっている部分です。

 

内耳が感じ取ったこれら情報は、内耳の前庭神経を通って脳に伝達され、

それによって自律神経はストレス反応を引き起こし、

交感神経が興奮状態になります。

 

その結果抑うつやめまいの悪化、

心拍数の増加、血圧の上昇、

慢性痛の悪化などの症状が現れます。

 

またこの時期の体調不良を放置すると

その先の五月病や夏バテなど他の季節病に繋がっていきます。

 

「つまりこの季節に身体を整える事は超重要です」

 

整体治療で身体を整える事で、

疲労の改善だけでなく自律神経の乱れも整います。

 

この時期の不調は放置せず、

早めにメンテナンスにいらして下さいね!

何故セドナ整骨院の施術には効果がでるのか②

2018.11.26 | Category: 自律神経失調症

こんにちは!セドナ整骨院ユーカリが丘本院の今田です。

 

自律神経失調症の施術で、なぜカイロプラクティック(整体)が効果があるのか、

詳しくお話していきます。

自律神経失調症であるストレスの中に、「構造的ストレス」が含まれます。

それは、身体の歪みだったり、姿勢の悪さが影響します。

 

姿勢が悪くなると呼吸も乱れてきます。

呼吸は自律神経と深く関係しており、呼吸が乱れると自律神経が乱れやすくなります。

 

また、姿勢が悪くなるとホルモンバランスが崩れてしまいます。

脳の「脳下垂体」という部分が身体全体のホルモンバランスを司っているのですが、

姿勢が悪くなり、顔が下向きになると脳下垂体への血流が悪くなると報告があります。

そのため、脳下垂体が正常の働きが行えなくなり、ホルモンバランスが乱れます。

ホルモンバランスが崩れることで、自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

 

ですので、カイロプラクティック(整体)施術を行うことで、

自律神経を乱す原因である、体の歪み、姿勢を矯正することで、

自律神経失調症の症状を改善させること可能なのです。

 

また、体の歪みを治すことで、身体が本来持っている自己治癒力を高め、

副交感神経が高まり、自律神経の働きを正常に戻すことが可能です。

 

 

セドナ整骨院では、自律神経の働きと東洋医学に着目した独自の治療メソッドと

自律神経失調症の数ある治療実績を持ち、多くの患者様に

真の健康を提供させていただいています。

 

また、身体へのアプローチだけではなく、心理的なアプローチも行い、

何故、自律神経失調症になってしまったのか、その対策もお伝えしています。

 

 

病院に行っても原因がわからない、頭痛やめまい、耳鳴り、不眠、慢性的な肩こり腰痛で

お困りの方、ぜひ私達セドナ整骨院にご相談ください。

 

必ず、お力になれると思います!

 

 

 

現在、セドナ整骨院グループでは私達と一緒に働いてくれる仲間を募集しております。

鍼灸師・按摩マッサージ師・柔道整復師・アロマセラピスト・エステシャンなどが活躍中!

未経験者可

興味がある方はぜひご連絡ください!

セドナ整骨院グループ 求人情報

何故セドナ整骨院の施術には効果がでるのか①

2018.11.26 | Category: 自律神経失調症

こんにちは!セドナ整骨院の今田です。

 

皆さんは、次のような症状を感じたことがありませんか?

 

・肩こりや慢性的な腰痛

・痛みを繰り返す

・疲れやすい

・よく風邪を引く

・毎月の生理痛がつらい

・産前、産後の不調

・頻繁に頭痛がする

・身体がだるい

・手足が冷える、むくみが気になる

・消化不良

・眼精疲労

・太りやすい、太れない

・高血圧、低血圧

 

これらの症状は身体が本来持つ回復力が低下している状態です。

日常生活や仕事などにより過度のストレスが身体に加わることで、

自律神経のバランスを崩し、先ほど挙げた症状が引き起こされてしまいます。

 

こういった時、私達セドナ整骨院では、

カイロプラクティック施術(整体施術)

鍼灸施術

アロマトリートメントなど

 

これらの施術を行い、体質改善、自律神経を整える施術を行います。

では、なぜカイロプラクティックや鍼灸、アロマトリートメントが効果があるのか、

詳しくお話していこうと思います。

 

そこには、自律神経の働きが重要になってきます。

 

自律神経が実際どのように働いているのか、またどうして自律神経失調症になるのか、

それに関しては以前もお話させていただきました。

ぜひ以前のブログを参考にして頂けたら、と思います。

 

自律神経の働き①

自律神経失調症とは?①

自律神経失調症の原因 ストレス①

辛い症状が長く続くと、身体だけではなく心もどんどん弱っていきます。

そうなると、さらに症状が悪化し、悪循環に陥ってしまいます。

真剣に今の状態を良くしたい、身体を治したいという方に対して、

私達も真剣に向き合い、全力で施術させていただきます。

 

次回、なぜセドナ整骨院の施術には効果があるのか、お伝えしていきます。

 

 

現在、セドナ整骨院グループでは私達と一緒に働いてくれる仲間を募集しております。

鍼灸師・按摩マッサージ師・柔道整復師・アロマセラピスト・エステシャンなどが活躍中!

未経験者可

興味がある方はぜひご連絡ください!

セドナ整骨院グループ 求人情報

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒285-0858
千葉県佐倉市ユーカリが丘4-3 ユーカリが丘・ジョイナード1F

休診日

水曜日・祝祭日

ご予約について

予約優先制

駐車場

無料立体駐車場あり