産後骨盤矯正

  • 「お尻が大きくなった」
  • 「下腹ポッコリ」
  • 「足が太くなった」など

出産後の体型が気になる方へ

何故産後に骨盤矯正なのか。

妊娠、出産時母体は「リラキシン」というホルモンの影響で、靭帯を緩ませ、骨盤が徐々に広がっていきます。
そうすることにより、出産時に赤ちゃんが骨盤の中を通りやすくなります。

ですが生活様式の変化などで、今の母体は昔に比べ全身の靭帯や筋肉が弱くなっており、妊娠すると骨盤が緩みすぎてしまいます。
骨盤が緩むと腰の腰椎の前弯が強くなり、いわゆる腰がそっている状態になります。
そのうえお腹に赤ちゃんがいることによって、腰への負担が大きくなり、腰・骨盤周りの筋肉、さらには背中や肩の筋肉にも負担がかかります。
その結果、妊娠中の腰痛や肩こりにつながります。
骨盤の緩みは筋肉だけではなく内臓にも影響します。

骨盤の中には子宮や、膀胱、直腸などの内臓があります。
骨盤が緩むことによって骨盤の底が広がり、内臓が下がります。
内臓が下がると内臓の働きも悪くなり、代謝が下がります。
そうすると、余分な脂肪が溜まりやすくなってしますのです。

出産後は緩みすぎた骨盤は動きが悪く、周囲の筋肉の緊張が残っているため、血流は良くありません。血流が悪いと代謝が下がりますから、余分な脂肪が溜まりやすくなります。
そして出産が終わると母体の体はホルモンの影響を受け変化していきます。
乳児に母乳を与えるため、栄養を取り込み、蓄えようとする本能的な働きがあります。

その結果
お尻が大きくなったり、下腹ポッコリ、足が太くなったり・・・
など産後の体型に悩まされてしまう人も少なくありません。

ですので、当院では産後1ヶ月での産後骨盤矯正をお勧めしています。
緩んで歪んでしまった骨盤を矯正し骨盤周囲の筋肉の緊張をやわらげ内臓を正しい位置に戻します。そうすることによって腰や肩の痛みをとるのはもちろん、代謝を上げ、痩せやすい体を作ります。

アクセス情報

所在地

〒285-0858
千葉県佐倉市ユーカリが丘4-3 ユーカリが丘・ジョイナード1F

休診日

水曜日・祝祭日

ご予約について

予約優先制

駐車場

無料立体駐車場あり