オスグッド(成長痛)

スポーツを行っている子供に多い、膝の痛み

そもそも成長痛とは

成長期の子供に多くみられる痛みの総称で、骨の骨端線といわれる骨が成長する部分での炎症です。
また、骨の成長に筋肉が追いつけず、骨に筋肉がついているところ(付着部)が引っ張られ、炎症を起こします。
これが膝で起こったのが「オスグッド」と呼ばれるものです。

オスグッドとは

多くは10~15歳の成長期の子供に発症します。
膝の脛骨と呼ばれる骨には、脛骨粗面といわれる部位があり、そこには前腿の筋肉「大腿四頭筋」が「膝蓋腱」となり付着します。
大腿四頭筋は、主に膝を伸ばす働きを持っています。膝を伸ばすことの繰り返しにより、大腿四頭筋が緊張し、付着部である脛骨粗面の成長線に過剰な負荷がかかり、炎症を引き起こします。この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期で、骨自体が柔らかいため、重症化すると骨が剥がされる「剥離骨折」を引き起こしてしまいます。

オスグッドを引き起こす多くの子供は、バスケットボール・バレーボール・サッカー・テニス・野球・陸上などのジャンプやダッシュが多い競技でよく見られます。また、水泳やダンスなどでも起こり、どの競技でも見られます。
軽度な場合は運動ができるため、痛いながらも練習を休まず続けている方がほとんどです。
無理して運動を行っていると先述したように、重症化し、剥離骨折を引き起こします。
また、痛みによって練習効率が悪くなり、パフォーマンスの低下も見られます。
更には痛みをかばってしまい、体の歪みや、新な怪我のリスクも高くなってしまいます。

このようなことから、成長期からしっかりとしたケアが必要になってきます。

当院のオスグッド施術

当院では、オスグッド以外の成長痛に対応でき、痛みのケアはもちろん、セルフケアやテーピングなどの指導も行っております。
スタッフ全員がトレーナーとしてスポーツの現場での経験があり、スポーツを行っているお子様にも適切なケアやアドバイスが可能です。

ご心配、ご不明点がありましたらご相談ください。

アクセス情報

所在地

〒285-0858
千葉県佐倉市ユーカリが丘4-3 ユーカリが丘・ジョイナード1F

休診日

水曜日・祝祭日

ご予約について

予約優先制

駐車場

無料立体駐車場あり