- Blog記事一覧

Blog記事一覧

院内研修

2018.11.25 | Category: セドナ整骨院

こんにちは!セドナ整骨院の今田です。

 

セドナ整骨院のスタッフは、患者様に更に上質な医療サービスを提供するため、

日々精進しています。

 

本日も業務終了後、ユーカリが丘本院に集まり、研修を行ないました。

 

今回は、問診ロールプレイングとフォローツールの意味・方法を

スタッフ同士で確認しました。

 

問診の研修で、患者様に安心して私たちセドナ整骨院の施術を受けられるよう、一人一人の意識を高めています。

 

なによりも、皆さま患者さまのために自分達を高め、最高の医療サービスを提供するために話し合い、何度も練習し精度を上げています。

 

まだまだ至らない点があるとは思いますが、今の自分達の持てる全力の力で皆さまに当たらせていただきたいと思っています。

 

写真ではカメラ目線の人間もいますが、

実際は、現場をイメージした雰囲気で真剣に行なっています。

 

こんな時に、全員がさらに良いものになるよう、意見を積極的に発言してきます。

毎回私も刺激を受けますし、お互いが良い刺激になっていると感じます。

 

同じ志をもった仲間に感謝です。

 

 

現在、セドナ整骨院グループでは私達と一緒に働いてくれる仲間を募集しております。

鍼灸師・按摩マッサージ師・柔道整復師・アロマセラピスト・エステシャンなどが活躍中!

未経験者可

興味がある方はぜひご連絡ください!

セドナ整骨院グループ 求人情報

今月の映画

2018.11.23 | Category: おすすめ

こんにちは!セドナ整骨院ユーカリが丘本院の今田です。

 

先日、セドナ整骨院の中ではやり始めている「ボヘミアンラプソディー」を見ました!

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、

1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。

 

正直、私はクイーンを知ったのは木村拓哉主演のドラマで知りました。

どんなバンドなのか全く知りませんでしたが、

映画自体が面白いと社長や大谷院長が話していたので行ってきました。

 

 

クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、

劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用しているので、

音楽シーンは心が躍る圧巻の一言でした。

 

フレディを演じたラミ・マレックが、

まるで本人のような、フレディが乗り移ったかのような熱演ぶりでした。

(youtubeで本物のクイーンが出演している20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスを見ました)

 

クイーン世代ではない人でも楽しめる映画でした。

 

若くしてこの世を去ったフレディ・マーキュリー、伝説に残る人だと思いました。

 

実際にこの目で見てみたかったです。

 

他にもクイーンの楽曲を聞いてみようと思います。

 

 

 

現在、セドナ整骨院グループでは私達と一緒に働いてくれる仲間を募集しております。

鍼灸師・按摩マッサージ師・柔道整復師・アロマセラピスト・エステシャンなどが活躍中!

未経験者可

興味がある方はぜひご連絡ください!

セドナ整骨院グループ 求人情報

 

自律神経失調症と鬱

2018.11.22 | Category: 自律神経失調症

こんにちは!セドナ整骨院の今田です。

 

自律神経失調症と鬱の違いってなんですか?

という質問を患者様からよく聞かれます。

正直言いますと、自律神経失調症と鬱の区分をしてもその境界はとても曖昧です。

 

心と身体は密接につながっています。

心の問題は身体にも影響しますし、身体の不調や歪み、症状は心にも影響します。

また、一口にもストレスといっても身体に影響する物と心に影響する物があり、

その総合的な物が症状として出てきます。

その為心と身体を総合的に考える必要があります。

 

あえて、自律神経失調症と鬱を分けるとしたら、状態で分ける事が出来ます。

 

 

自律神経失調症とは、交感神経が過剰に働いて副交感神経の働きが低下している状態です。

この場合、主に身体の症状が出てきます。

①ドキドキ感・不整脈・胸のザワザワ感

②不眠症

③起立性低血圧(立ちくらみ)

④喉の違和感・渇き・飲み込みづらい

⑤消化不良・お腹が空かない・お腹が膨れる

⑥息苦しさ

⑦めまい・耳鳴り・難聴

⑧慢性的な腰痛・肩こり

⑨手足のシビレ・冷え

⑩だるさ・疲労感など、、、

 

そして、鬱は交感神経も副交感神経も両方とも働きが悪くなった状態です。

もしくは自律神経失調症以上に自律神経のバランスが悪くなった状態です。

そして鬱病は自律神経失調症の症状に加え、「やる気が出ない」「死にたい」など心の症状が出てきます。

 

鬱病までの経緯としては

自律神経失調症→軽鬱状態→鬱病の経緯をたどります。

まずは自律神経失調症の「身体の症状」から出現し、

その状態を何もしないで放置していると「軽鬱状態」を経て「鬱病」となります。

ですので、身体の症状が出ている時にその対策や施術を行う事が非常に重要になってきます。

 

多くの方は、身体の症状が出ていても正しい知識がないので

「いつか治るだろう」「これぐらいなら大丈夫」などと思ってしまいます。

その結果、鬱病になってしまう方も少なくありません。

 

早めの対処を行う事で、鬱病を防ぐことが可能です。

 

セドナ整骨院では、自律神経失調症の施術を行っています。

自律神経の働きと東洋医学に着目した独自のメソッドで、多くの施術実績があります。

是非、私達にご相談くださいね。

 

 

現在、セドナ整骨院グループでは私達と一緒に働いてくれる仲間を募集しております。

鍼灸師・按摩マッサージ師・柔道整復師・アロマセラピスト・エステシャンなどが活躍中!

未経験者可

興味がある方はぜひご連絡ください!

セドナ整骨院グループ 求人情報

不眠症対策②

2018.11.22 | Category: 自律神経失調症

こんにちは!セドナ整骨院ユーカリが丘本院の今田です。

 

今回は引き続き、「不眠症対策」についてお話します。

②日中に太陽の光を浴びる

①の光に気を遣うというお話で、夜の光の事についてお話しました。

自律神経失調症の方には、昼の光もとても重要になります。

昼間に太陽の光を浴びると、夜眠りに入りやすくなります。

太陽の光が目から入る事で、脳に今は昼間だという事を知らせ、目を覚まさせます。

 

そして太陽が入ってきてから約12~15時間後に、脳の中にメラトニンを言うホルモンが放出されます。

人がぐっすり眠るにはこの「メラトニン」が必要になってきます。

メラトニンは昼間に太陽の光を浴びていないと、脳に放出されません。

ですので、太陽の光を浴びる事が不眠症対策になるのです。

 

ただ、ガラス越しで太陽光を浴びるのは効果が薄いと言われています。

多くの方は昼間に屋内にいると思いますので、直接太陽光を浴びる事が少ないと思います。

ですので、お昼休みの時間を利用してお散歩がてら屋外に出てみて下さい。

 

③日中、交感神経の働きを刺激過ぎない

寝る準備の3つめとして、交感神経を刺激過ぎないという事で

カフェインを取らないようする、昼間に興奮しすぎないなどがあげられます。

コーヒーなどに含まれるカフェインは、交感神経を刺激し、過剰に働かせる効果があります。

ですので、不眠症の方は夜寝る前にだけではなく、昼間も飲むことをやめた方が良いです。

 

 

不眠症でお困りの方、なかなか寝付けないと感じている方、

是非これらの対策を行ってみて下さい。

また、もっと改善したい、身体をよくしたいと思っている方は是非私達にご相談くださいね。

 

現在、セドナ整骨院グループでは私達と一緒に働いてくれる仲間を募集しております。

鍼灸師・按摩マッサージ師・柔道整復師・アロマセラピスト・エステシャンなどが活躍中!

未経験者可

興味がある方はぜひご連絡ください!

セドナ整骨院グループ 求人情報

不眠症対策①

2018.11.19 | Category: 自律神経失調症

こんにちは!セドナ整骨院ユーカリが丘本院の今田です。

 

自律神経失調症の1番の対策はぐっすり眠ること。

ですが、自律神経失調症になると不眠症になる方が多く、なかなか眠れません。

 

通常は、休む神経・副交感神経が働いて眠くなるのですが、

自律神経失調症の方は身体を興奮させる・交感神経が働きすぎだったり、副交感神経が働きにくくなったりとして眠れなくなります。

 

こういった方には不眠症対策として「寝る準備」が必要になってきます。

 

寝る準備と言っても、布団を敷いて枕を整えて、歯を磨いて、、、ということではありません。

脳と身体を寝るのに適した状態にすることを言います。

 

寝る準備のポイントは、大きく3つあります。

①光に気を遣う

②日中に太陽の光を浴びる

③日中、交感神経の働きを刺激過ぎない

 

①光に気を遣う

通常、日中は交感神経が働いています。

その時間の光は無色透明です。無色透明の光は、交感神経を働かせる効果があります。

皆さんの家の夜の光は何色でしょうか?

多くの方は、家の電気だったり、テレビやパソコンの光これらはいろいろな光を放っています。

光はいくつもの色が混じると無色透明になります。

すなわち、夜でも昼間と同じ、交感神経を働かせる効果のある光が出ているのです。

 

それでは電気を消せばいいのか?というとそうではありません。

人間は急に真っ暗な状態になると無意識に恐怖感を覚え、副交感神経が働けないときがあります。

そのため、暗くするのにも順序があります。

 

実は、副交感神経を高める光の色は「オレンジ色」

これは、人類が誕生する前から自然が決まってます。

夕焼けの色は何色ですか?

オレンジですよね?

これは、「もうそろそろ夜になって副交感神経が働き、リラックスする時間ですよ」

というお知らせです。

オレンジ色の光は副交感神経を働かせて、気分をリラックスさせる効果があるんです。

ですので、不眠症の方は寝る2~3時間前からオレンジ色の光を発する電球の光の中で過ごすことをお勧めします。

 

次回、引き続き不眠症対策をお話していきますね。

 

 

現在、セドナ整骨院グループでは私達と一緒に働いてくれる仲間を募集しております。

鍼灸師・按摩マッサージ師・柔道整復師・アロマセラピスト・エステシャンなどが活躍中!

未経験者可

興味がある方はぜひご連絡ください!

セドナ整骨院グループ 求人情報

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒285-0858
千葉県佐倉市ユーカリが丘4-3 ユーカリが丘・ジョイナード1F

休診日

水曜日・祝祭日

ご予約について

予約優先制

駐車場

無料立体駐車場あり